2019年10月9日水曜日

五色の龍に願いを! 東京のパワスポ「田無神社」はワンダーランドだ!


あぁ、最近、ついてないなぁ。
そんな風に思ったアナタ、田無神社に出向いてみるのはいかがでしょう。

おみくじだって、五色の龍なんですぞ!

一見、小ぢんまりとした街の神社。
この境内のあちらこちらに、龍神様がいるわいるわ。


もとは、田無北部の谷戸にあった宮山に、13世紀ごろから鎮座していたのが、御祭神の尉殿大権現(じょうどのだいごんげん)。
徳川家康の江戸開府により、田無が宿場町となり、最初は分祀。
そして、1646(正保3)年には、正式に遷座となったそう。

この尉殿大権現とは、別名・級津彦命(しなつひこのみこと)とか、級戸辺命(しなとべのみこと)とかと言われる神様。
イザナギとイザナミが日本の国を生んだときに、朝霧がかすんだため、息で吹き払ったそうなのだが、その息が神になったという、風の神様だ。

田無神社では、命の源でもある水と、萬の災いを払う=豊穣と除災の守護神と呼んでいる。その神が、龍神様にお姿を変えているのだ。

さて、前置きはこのぐらいにして、いざ、龍神様に会いに行こう!
境内には、大きく分けて龍神様は五色、おわします。

まずは赤龍神。先見の明を与えてくれる神様だ。
参道脇をみやると、樹木に隠れてほら。
 ほら。
 ほらー。

東方奥の青龍様には、芸事の発展を祈りたく。
(文章が上手になりますように、のんのん)

前の小さな手水鉢で、水を飲んでらっしゃるお姿も。

お次は、参道に鎮座する白龍様へ。
金運など、鉱脈を掘り出せますように。

北方の樹木に隠れるようにいるのが、黒龍様。
こちらは、水・雨を司り、流水のごとく新鮮な気をいただきます!


そして、拝殿には金龍神が!
事業運、家庭運など、大地にしかと根ざす基盤が作れますように。
 

ふぅ。
個性を放つ五体の龍神様へ、ご挨拶が終わっても、これだけで終わらないのが、
こちらのスゴイとこ。
石の鏡に自分を映してみてくだされ。

5つの龍神様にまつわる御神木あり。パワーをいただくのじゃ!

龍神池には珍しいメダカがすくすく

御神木が見事!
明治8年築の拝殿には、龍の彫刻がいたるところに。見惚れる!



忘れてならぬのがおみくじ。その種類の多いこと、多いこと。

そしてそして……
恵比寿様と大黒様にもお参りを。

道祖神の前に・・・。
あぁ、めくるめく、ワンダーランドです。
のどかな空気にみちみちて、心が元気になってきます!



帰りは、商店街をぶらつくのも楽しいっすね。

佐藤さゆり(teamまめ)

2019年9月25日水曜日

夏の思い出、長岡の花火を観に行った話


みなさま、こんにちは。こんばんは。

少し前の話になりますが、友人とともに新潟へ遊びに行きました。

目的は日本三大花火のひとつ、「長岡花火」。毎年82日と3日に行われるこの花火大会は、今年はちょうど金・土の開催。高橋は3日の土曜日に行ってきたのですが、とにかく人が多い! 長岡駅を降りた瞬間から会場となる信濃川までの道のりには、花火を楽しみにして来た人々で埋め尽くされていました。


花火大会は信濃川の両岸に観覧席が作られていて、北に大手大橋、南に長生橋の2本の橋に挟まれている区画で打ち上げられます。で、この橋は時間になると通行止めとなり、橋全体を使ってナイアガラ花火が披露され、花火大会がスタートするわけです。まず、この始まりからして半端ではない。




まさに、河川敷の全体を使って打ち上げられる花火は、二日間で合計約20000発。特に「復興祈願花火フェニックス」は空を埋め尽くさんばかりの花火が打ち上げられ圧巻の一言。



長岡出身の友人は、「今年は煙が多くて惜しかった」とか、「右岸(長岡駅側)だともっと迫力あるんだよー」とか言っておりましたが、初めて長岡花火を目撃した高橋は、今までの人生では見たことがないような大きさの花火と、腹に響くような爆発音にただただ感動の嵐。密かにホロリとしていたことは、ナイショの話です。


古くは明治に始まった長岡の花火は、戦争によって中止を余儀なくされますが、終戦後の1947年に復活。空襲によって荒廃した長岡の街と犠牲となった人々への慰霊の意味もこめられた、とても大事な行事なんですね。


そうした歴史もあり、長岡の人々の花火大会にかける意気込みを、まざまざと感じる一夜でした。まだ観たことない人には、ぜひおすすめしたい! 花火の概念が変わるかも?





翌日は、これまた日本三大峡谷と称される「清津峡」にふらり。エメラルドグリーンの渓流に足を浸して、ほっと一息つきました。

いつも若作りに余念がない高橋ですが、花鳥風月に心揺れるようになったことで、なんだかんだオッサンになってきているんだと実感。今回は弾丸ツアーだったけれど、今度はゆっくり行きたいもんです。

 (teamまめ 高橋健太)



2019年9月17日火曜日

ゴンドラに乗って2000m級のお山にお手軽登山! 長野県は「入笠山」へ

8月11日は「山の日」。

しかし、まだまだ小さい子どもがいる我が家にとって、山といえば近場の高尾山を中心に低山ばかり。
夏の低山は想像するだけでも苦行で、これまで「夏の間はお山は休みだ!」と自分に言い聞かせてきた。

ところが、山への欲求が止められず、今年はお盆休みのある日に家族を引き連れて山へ行ったのだ。


目的地は、避暑も兼ねて長野県富士見町にある南アルプス北端の「入笠(にゅうかさ)山」へ。

アクセスはJR中央線に乗って八王子駅から各停でゆるゆると約2時間半。
山梨県から長野県に入って2駅目、富士見駅で降りて、駅前から無料のシャトルバスで富士見パノラマリゾートへと向かいます。


水色の中央線に乗るとテンションが上がります
富士見駅の駅舎

富士見駅前になんとも気になる洋食屋を発見!

 
富士見パノラマリゾートからはゴンドラに乗って、標高1780mの山頂駅を目指します。



このゴンドラがなかなかすごかった!

高低差730mを約10分間でいっきに上ります。
遠くには八ヶ岳連峰を見ることもでき、目の前に広がる景色も絶景!




さらに、下の方に目をやると、こんな光景も。



ゴンドラ山頂駅から山麓までMTB(マウンテンバイク)のコースもあって、MTBに乗った人々が山肌をガンガン駆け降りていきます。
ゴンドラから見ていてもそのスピード感は迫力満点!

ここ富士見パノラマリゾートは、夏は登山やマウンテンバイク、パラグライダー、冬はスキーと様々なアクティビティを楽しむことができるようです。


さて、山頂駅に着くと、空気もガラリと変わります。
1780m地点まで上ってきたので、山麓に比べて気温も約5度ぐらい低くひんやり。
入笠山はここから入笠湿原を通って約60分。



入笠湿原では、地上ではあまりお目にかからない高山植物がたくさん出迎えてくれました。
(ゴンドラに乗るともらえる「入笠に咲く花 散策ガイドBOOK」を参考に花の名前を調べました。間違えていたらごめんなさい!)

オトコエシ

ヒヨドリバナ
 
シシウド
 
シモツケ

コオニユリ

ヤナギラン

コハギボウシ


きれいな花に囲まれて、まさに“天空のお花畑”といった感じ。

入笠湿原といえば、6月に咲く日本すずらんが有名のようだけど、8月もさまざまな高山植物を観賞することができます。

きれいな花々と一面の緑、広い空に囲まれて、気分もリフレッシュ!


入笠湿原を抜けて、ようやく入笠山山頂を目指します。
しかし、山道という山道はほんの30分ぐらいで、あっという間に標高1955mの山頂に着くことができました。

頂上からは360度の大パノラマが楽しめます♪


山頂を後にして、お待ちかねのお昼ごはんは、ビーフシチューが名物の「マナスル山荘」へ。






残念ながら、お目当てのビーフシチューは(その日は)宿泊者限定ということで食べられなかったのですが、代わりにいただいたカレーもまた絶品でした!


山の澄んだ空気のなかでこんなおいしいものが食べられるとは!
感謝感謝でございます。


今回はゴンドラを使ったお手軽登山。
汗をかきかきしながら麓から頂上を目指すのもいいけれど、たまにはゴンドラを使って体力を温存しつつ、その分周りの景色や植物をたっぷりと愛でるというのもいいものです。

入笠山、これからの季節なら紅葉や雲海が見られるそうで、おすすめです!!

(teamまめ/香取麻衣子)





2019年9月2日月曜日

中央線の古書店めぐり・木彫りのクマがいる「おへそ書房」へ


中央線沿線には、わざわざでも行きたくなる古書店がたくさんある。
特に、最近の三鷹界隈は古書店好きが密かに注目するエリアで、
先日もある喫茶店で「休みの日に三鷹の本屋巡りをしてきたんだ〜」と、
おしゃべりする女子がいて、思わず耳ダンボになった。

しかし今日は、あえて三鷹を外そう! 西へひと駅「武蔵境」に新しくできた
「おへそ書房」をたっぷりと紹介したい。

武蔵境は、これまで古書店不毛の地で、金星のごとく現れたのが
この「おへそ書房」なのだ。

武蔵境北口徒歩5分。昨年まで和菓子屋さんがあった場所、
ラーメン「鶉」さん隣、少し先には米粉のパン屋がある小さな繁華街(?)に。



木彫りのクマが迎えてくれる。店前には100円均一の文庫本が並び、
クマさんは「どなたさまも気軽にどうぞ〜」と言っているような。



手作りの棚をゆったり配置した、すっきり見やすい店内は、明るくて居心地がいい。
そして、気づかないふりして迎えてくれる、店主のやさしさがうれしい。

店主は、小宮健太郎さん。
高校時代に武蔵境の南側に引っ越してきてからずっと中央線沿線で暮らし、
本に関わる仕事をしてきた人だ。


 

 「吉祥寺のロンロンにあった書店で働き始めて、以来ずっと書店です」。
     
   ロンロンの「弘栄堂書店」を経て、立川の「オリオン書房」で15年、
   さらに国立の「museum shop t」で選書などに携わったあと、
   物件を探しつつ、開業準備を進め、去る7月20日にオープンしたばかり。
     
   書店で取り組んできた文芸書と芸術書は、「おへそ書房」でも充実している。
   が、あまりマニアックにならず、
   「家族揃ってきて、子どもは絵本の棚、父ちゃんはあっち、母ちゃんはこっち
   と、それぞれが読む場所があるのが理想です」と、小宮さん。





    とは言いつつも、「美大の学生さんにもちゃんと応えたい」と、語る。


入り口近くに、包装紙に包まれた覆面文庫本を発見。
本文の出だしを書いてあって、何の本か開けてみてのお楽しみというわけだ。


さて、小宮さんが7〜8年前から気になっている存在が、木彫りのクマ。
店内のあちこちに飾られているので、探してみよう。


鮭を食べるクマさん。


              お尻がかわいいクマさん。



高いところが好きなクマさん。


ところで、小宮さん、どうして「おへそ」なんでしょう?

答えは、レジ台の下棚に。




       「おへそ書房」東京都武蔵野市境2-3-20 http://ohesobooks.com
                                                         JR中央線武蔵境駅北口からまっすぐ北へ約5分
              11時〜21時 木休


       (team まめ 松井一恵)