2018年9月19日水曜日

織田軍と武田軍がガチで戦った『長篠の合戦』。その現場を目撃せよ!

ブブーンと新東名を駆けて、静岡から愛知県へ入ると、まもなく『長篠設楽原(ながしの したらがはら)』パーキングエリアだ。
いぶし銀な佇まいだが、歴史ファンならば一度は愛車から降り、休息をしたいPAだ。



見よ! この甲冑を。
なんといってもここは、長篠の合戦の舞台。
下り(名古屋方面)は織田・徳川軍の陣地があった場所ゆえ、織田信長公が金屏風の前に座り、撮影用マントをはおれば、一緒に撮影だってできるのだ。

そして館内はさながら、戦国ミュージアム。火縄銃(種子島)が陳列されていたり・・・



長篠の合戦の様子が屏風絵として飾られていたり。


舞台となった長篠城は、徳川家康公の長女亀姫様が嫁いだ、奥平信昌公の城。
甲斐武田軍1万5千の猛攻に、手勢500名で耐え、守り抜いたのだった。
その夫婦像も、訪れる人々を迎え入れてくれている。


腹がへっては戦はできぬ。ということで、いざ、長篠陣屋食堂へ。


戦ばの給仕担当はなかなかに、しゃれておられる。
そして、信長 赤味噌ラーメンやら、家康 鯛天丼やら、武将ゆかりのメニューが目白押しの中、異彩を放つのが、こちら。
どん! 足軽弁当じゃー!


身の丈にあったこの弁当、竹皮で包まれていて、実にいい。


弁当をひもとけば、大きな握り飯が2つ、どど〜ん。
そこに、焼き鳥と唐揚げが! 足軽は体力が必要ですからね!
もう、チカラめしの限りが尽くされていて、感涙。
それに、嬉しい赤味噌の味噌汁。やっぱ、汁物は大事だ。

腹ごしらえしたらば、信長公の陣へ、挨拶に出向くのもいい。
小高い山、その上に本陣があったと言われている。




登れば、小さな祠があり、信長公が詠んだと言われる歌碑もある。
本陣跡を後にすれば、長篠設楽原が見渡せて、あぁ絶景かな、絶景かな。



ちなみに、上りのPAは武田軍の陣地だそうな。

取材=佐藤さゆり(teamまめ)

2018年9月5日水曜日

圧倒的な迫力の石切り場! ふらりと鋸山を登った時の話


みなさん、こんにちは。こんばんは。まめの髙橋でございます。

突然ですが、自分の出身県のこと、どれくらいご存知ですか?

私、生まれも育ちも千葉県松戸市なのですが、江戸川を渡ってしまえばそこは東京都。

実は、松戸や柏に住んでいる人の多くは都心への移動が多く、千葉県の中心部やその先の外房、内房あたりまでは、用がないと行かないものなのです。

例に漏れず、高橋もそのひとり。千葉県のことを実はそれほど知らず、ふと、「それはいかがなものだろう?」と、気持ち悪くなってしまい、えいやと突発的にでかけてみたわけです。





今回出かけたのは「鋸山」。千葉県の南部にある標高329.4mの小さな山です。

とりいそぎ、こちらの写真をごらんください。ドン!



山頂近くの崖部分。通称「地獄のぞき」と呼ばれているスポットです。

鋸山は、山を形成している岩の性質が建築物などの資材に適していて、江戸時代には石材の産地として重宝されたそう。盛んに採石が行われた結果、見事にまっ平らな岸壁となり、遠くから見ると鋸の歯の様に見えるようになったと言われています。


のぞいてみるとこんな感じです。石切り場だったところが見えます。

地獄のぞきは、石切りの職人が洒落を効かせて、敢えて今の形に残しておいたなんて説もあるんですよー。

さらに、次の写真もごらんください。ドン!



さきほどのぞいた場所に降り立ちました。

見事に切り立った岸壁の形状、蔦や苔の緑が木漏れ日に映えて、えもいわれぬ美しさ。たまらん。当時の石工さんに感謝の気持ちがこみ上げます。

グッジョブ! そしてありがとう!

ちなみに、鋸山は通称で、本当の名前は「乾坤山(けんこんざん)」。東京湾に面しており、海を見渡す眺望は素晴らしく、展望台は「地球が丸く見える展望台」と呼ばれることもあるそうです。



この日は地球が丸くとはいかなかったんですけどね。空気が澄んだ冬の方がきれいだと見た! また、寒くなったころに来てみようと思います。



このあたりはトンビがピーヒョロ飛んでいます。リアルに持ち物をかすめ盗られることもあるようなので、気を付けて!


さらに、鋸山のもう一つの見どころと言えば「日本寺大仏」。有名な奈良の大仏の約1.5倍、鎌倉大仏の約2倍の大きさを持つ大仏さまです。

もともとは、奈良時代に大野甚五郎英令(おおのじんごろうひでのり)が弟子27名とともに岩を削って建立したもの。度重なる風化によって半壊状態になっていたものを、昭和44年に復元され、現在の姿に。原型よりも3mほど小さくなったのだとか。

さて、その姿はというと……





まさかの原っぱに鎮座! 柵や囲いはありません。

子供が登ってキャッキャと遊んでいる姿も。なんとも親しみやすい大仏さまですね。



同じく大野甚五郎英令作の「千五百羅漢像」も道沿いに。みんな微笑んでいて可愛らしい。



下山後は、名物()「房総サイダーびわ味」をぷしゅっ。汗だくの体に染みわたります。果汁0%だけど。

山登りとしては初級者向けですが、見どころが多く、日帰り旅にはもってこい。山好き、歴史好きの人には鋸山、おすすめですよ!







帰りに通りかかった木更津港の夕焼けと、市原の工業地帯の夜景をパシャリ。三脚忘れた割には頑張った! ような気がします。 ではでは!

(teamまめ 高橋健太)


2018年8月22日水曜日

これぞヒミツの花園? アートなトイレのある飯給駅

勝手に珍駅を紹介するシリーズ。

以前、木造駅舎にして、北欧ムードがただよう天竜浜名湖鉄道の都田駅を紹介しましたが、今回はこちら。


小湊鉄道の飯給駅です。
難読駅としても度々取り上げられる駅ですが、読み方は「いたぶ」といいます。

小湊鉄道のツートンのカラーリング、
なんとも言えず好きです


春にはサクラや菜の花が咲き乱れ、多くの鉄道ファンが撮影に訪れることでも有名。
しかし、訪れたのは7月。
特に何の花が咲くでもなく、駅の周りは田んぼばかりで、一見なんにもない駅です。

 

そんな駅に変化が起きたのが2012年4月。
ちょうど当時、雑誌の取材でも訪れたのですが、市原市がアートで町おこしを始めたばかりで、建築家の藤本壮介氏が設計した公衆トイレを飯給駅に設置したのでした。

今回は6年ぶりにアートなトイレを再訪問です。



周囲を杉の木でぐるりと囲んだこちらの外観こそが、例のトイレです。
この中に女性用トイレがいくつもあるわけではなく、たったひとつしかありません。
広さ200㎡、周囲約50mもあるそうですでに一度入ったことがあるものの、やはりドキドキは止まりません。

では、いざ!
 
 

 

 

 

 
 木と芝生の緑が広がる景色の奥には、ガラス張りのトイレが!





こんな開放的な空間で用が足すとは、なんたる発想!
恥ずかしがり屋さんには、落ち着いて用が足せるように、ガラスの内側にカーテンもあります。

トイレはまあまあ掃除が行き届いていて、よく見ると一輪の花まで飾られていました。

長女はかなり驚いていましたが、「なにーこれー?ロマンチック~!」と意外な感想を聞くことができました(笑)


ちなみに、男子トイレはどうなってるんだ!? と男性諸君はお思いかと思いますが、
女性トイレの向かい側に同時期に建てられた多目的トイレがあります。



 
 トイレに注目されがちな飯給駅ですが、私は歴史を感じる駅の待合室だったり、駅から見える何気ない風景も好きです。





櫓らしきものが組まれていて、あるかかしの手には、うちわとスイカ。
お祭りをしているところなのか?

 
 特に心をグッとつかまれたのが、この風景。
 

 

駅のホームから上総中野方面を見たところなのですが、トトロが出てきそうな森の中を抜けるトンネル、なかなか雰囲気あると思いませんか?
周りになにもないのも、まさに秘境感があってグッドです。


小湊鉄道は、通常の列車以外にも、窓ガラスのないオープンタイプの「トロッコ里山」も運行しています。
これからの季節、トロッコ列車はおすすめです!


アートなトイレとのどかな自然を体感しに、小湊鉄道に乗って出かけてみませんか?
なかなかロマンチックですよ♪



(teamまめ/香取 麻衣子)









2018年7月26日木曜日

元祖ピルスナーを求めてチェコへ。泡100%のビールに遭遇。


一年中ビールが好きで、最近はクラフトビールの虜になっている、自称ビア子です。

しかも、醸造所が急増している中央線沿線在住民ゆえ
今夏は猛烈にうれしく、まさに「クラフトビール の夏が来た!」の日々。

が、普段の家ビールは、クラフトビール ではなく大手メーカーの缶ビール。
ビール のスタイルで言うと、ラガータイプの「ピルスナー」を飲んでいる。

サッポロ・黒ラベルもサントリー・プレミアムモルツも、全部「ピルスナー」。
つまり、日本で一番馴染みのあるビール のスタイルが「ピルスナー」と言うわけだ。

このピルスナーの原型は、チェコの南西部にある「ビルゼン」生まれで
日本のビールのルーツはチェコにあると知ってから、チェコへの旅を夢みていた。

そこで今回は元祖ピルスナーを求めて、チェコへひとっ飛び……
うちから一番近いチェコ!
地下鉄丸ノ内線「四ツ谷三丁目」から徒歩3分でたどり着く、
チェコビールとチェコ料理専門店へ。

店名は、「だあしゑんか」。




以前は消防署の近くのビル2階にあったが、今年2月に移転。
荒木町杉大門通りのビルの地下で営んでいて、チェコの国旗が目印だ。
階段を降りると手作りの「OPEN」サインが出ている。



店内は、チェコの絵本や文学がいっぱい。
ビールや料理だけでなくチャコの文化にどっぷりと浸ることができる。

さて、お目当のビールは「ピルスナーウルケル 」。
ウルケル とは「元祖」の意味で、文字通りピルスナーの元祖を誇るビールだ。

「だあしゑんか」は、空冷樽生を現地そのままのコンディションで提供している、
日本では数少ないお店。

迷わず「ピルスナーウルケル」を注文するが、おひとりさま限定の「ちょこっと呑みセット」がお得。樽生300ml(500mlもある)と、ミートローフ、ザワークラウト、ピクルス、グランモラビアチーズ、オリーブが盛られたプレートがお値打ち価格で。














ふんわりきめ細やかな泡。ちょうどいい温度、バランスのいい苦味で、
からだにす〜と馴染んで気持ちよく吸収していく感じだ。
そして、チェコのお皿に乗っかったつまみと、すばらしく合うことよ!

あっという間に飲み干して、次は何にしようかなとメニューを眺めていたら、
気になるメニューが。

「ウルケル ミルコ」。

「ミルコ」とは、牛乳の意味で、見本の写真ではグラス中、泡だらけで
試してみたくなった。




えーーーーーっ!?
あわわわ〜、本当に泡だけだーーーっ!


  


チェコから取り寄せた希少なタップから、
店主・高野文雄さんによる芸術的なサーブで注がれるミルコは、
まさに泡を楽しむための一杯。
クリーミーな口当たりの向こうにちゃんとビールの味がする不思議に感動だ。

そして、少し時間を置くと、泡が液体に変化していく。

ゆっくり飲むと、泡もビールも両方楽しめる。

おかわりしたなら、つまみも欲しくなり、
豊富なチェコ料理から、定番の「ブランボラーク」(写真下)を選んでみた。
ジャガイモをすりおろして焼いたお好み焼きみたいなパンケーキ。
マジョラムが効いてるのが特徴で、これまたウルケルにぴったり。

日本でも、お好み焼きにはビールですよね〜。
























おかわりも、あっという間に飲み干してしまった。
加齢とともにビールの消費量が減っているビア子ですが、
「ピルスナーウルケル」は、アルコール度やや低く、
嬉しいことに(恐ろしいこと?)するすると飲めてしまう。

チェコは、一人当たりのビール消費量が150リットルで、
「世界一」と聞くが、このおいしさ飲みやすさ、深く納得。

ピルスナーの元祖&泡だけのビールに出会える四谷三丁目のチェコ、
もし出会ったら、乾杯しましょ。


店名 だあしゑんか
住所 東京都新宿区舟町5-25 B1F
OPEN  月水木金は18時〜24時、土日祝は17時〜23時
火曜日定休

(松井一恵)