2019年4月17日水曜日

一度手を出したら二度と戻れない……「手鍋でごはん」の中毒性

みなさん。こんにちは。こんばんは。

teamまめの高橋健太です。

暖かい日が続いて、ようやく分厚いコートともしばらくオサラバできそうな予感がしてきましたね。



 道に咲く花や新緑が美しいこの季節、お出かけ日和が続く今日この頃ですが、高橋らしく空気を読まずにインドアな話をさせていただきます。



いえね、とても私事ですが、最近引っ越しをしまして。そのバタバタのさなか、炊飯器を落として真っ二つに割ってしまうという大ポカをやらかしたのです。



米をおかずに米を喰らうほど米を愛する高橋は意気消沈。あまりに悲しくて取材中、同行のカメラマンさんに悲しみをこんこんと語ってしまうほど。


高:「家に米はあるのに、ごはんが食べられないんですよ! 悲しくて、辛くて、仕事に集中できないんです」


カ:「いや、そこは仕事せえよ高橋」


しかし、そんな鬱陶しい高橋にカメラマンさんから意外なアドバイスが。


カ:「高橋くん、元料理人やろ? 鍋で炊けばええやん。俺なんて米を炊くために使う用の鍋を持ってるで」


高:「なんですって! その手がありましたか!」


この言葉に触発された高橋。取材後、すぐに某生活雑貨店へ走り「ちょっといい鍋」を購入!




5480円なり。後から思えば、その行動力でなぜ炊飯器を買わなかったのか不思議。きっと好奇心が勝っていたのですねえ。そのときは。


とにもかくにも勢いに乗った高橋。念願の炊き立てごはんを喰らうべく、いざ、炊飯開始! 

重要なポイントは

①浸水……夏場は30分、冬なら60分がちょうどいいらしい。今の季節は30分でいい感じ。冬だと1時間くらいだと言われています。
②水の量……いったんざるで浸水用の水を切ってから、再び炊飯用に水を入れる。高橋は2合の米に対して425ccを基準にしていました。季節によっても変える必要がありそうなんだよな~。
③火の強さ……しばらく中火にかけて、泡が出て来たら1分くらいしてから弱火に落として8分ほど。

こんなもんです。③の火を弱めるタイミングが、最初の方は掴みにくかったですね。

また、やってみてふと疑問に思ったのが「弱火とか中火って、具体的にどのくらいなのよ?」ってところ。現場たたき上げ系料理人だった割に、そんなことも知らんかったんです。お恥ずかし。

▼弱火


ギリ、鍋底に火があたらない程度の火加減。

▼中火


火の先っちょがチョロッと鍋底にあたっているくらいの火加減。弱火と中火の境目が非常にわかりにくい。米を炊くとき、この中火のポジションが非常に重要です。


▼強火


鍋底の範囲いっぱいに火があたっているくらいの火加減。今回は出番なし?

余談ですが、意外と多くの人が間違えているのが「強火」で、鍋底から火がはみ出していると、その分のエネルギーが無駄になるんですと。ギリギリ鍋の際の部分をはみ出ないくらいでキープするんです。実は、高橋が飲食店で働いて最初に怒られたのはこれ。「お前、光熱費バカ高くして店潰す気か!」って怒鳴られました。怒られたことってのはちゃんと覚えているもんなんですね。



そんなこんなで無事炊けました! 好みの固さよりすこーし柔らかかったのは課題ですが、なんだかんだ久々の米はうまし。炊飯器で炊くよりもふっくらしていて、甘味が強い!……気がします。



そして、思っていたよりずっと簡単で、浸水の時間を含めて50分程度。炊飯器で炊くのとそんなに変わらないし、炊いている傍らで魚を焼いたり、味噌汁作ったりもできるので、案外品数も増えて食卓が豪華になりました。これはもう炊飯器には戻れない!










……で、こなれてきた高橋は調子に乗るわけですよ。



鍋で炊くだけでこんなにうまいんだから、アレを使えばもっとおいしくなるはずだ。











そう、おひつです。しかも檜のちょっといいやつ。炊飯器を買えるくらいの値段なり。


こいつに熱湯をぶっかけて炊いた米を移してやります。


蓋をしてしばらく置いておくと、米の水分がいい感じに吸い取られ、ちょうどいい固さに。ちなみに、熱湯をかけて湿らせないと米の水分を全て持って行かれるそうな。なるほどねえ。檜の匂いがほのかに香るのもまた、たまりません。


炊き立てはもちろん、お冷やご飯でその真価は発揮されます! タッパーに入れておくよりはるかに米の味と香りが立っています。

米に藻塩とごま油、醤油をかけて卵をパカッ。炊き立てでないとおいしくないかと思っていた卵かけごはんですが、手鍋で炊いておひつで置くと、お冷やご飯の方が味わい深く感じました。


そんなこんなで、勢いで始めた鍋での米炊きが、新たな趣味に早変わり。唯一の問題は、これのせいであまり外に出なくなってしまったことかも!?

次回はベランダで干物を作ろうかと思っています。ではでは、ごきげんよう。

(teamまめ 高橋健太)

2019年4月8日月曜日

焼肉の町・鶴橋 キッチンカーで、羊をめぐる冒険!? 


この日記を、妹に捧ぐ。

なあんて。かっこよく書き始めてみましたが、昨日が私の妹の誕生日だったので、
この場を借りて、ささやかなプレゼントを目論みました。

妹が昨年秋から営んでいる「キッチンカー」を、
ここでバーンと広告させていただきます!

ビジネス街でエスニック弁当とか、行楽地でアイスクリームを売るライトバンを見かけることがあるが、あの類を「キッチンカー」と総称する。
東京ではメジャーだが、大阪ではまだ珍しい存在だ。

妹の屋号は、「キッチンカーひつじ」。
未年生まれで、羊肉も扱うからとつけたらしいが、わりと単純。
しかし、四つ足の動物は絵に描きやすくかわいいので、まあいい店名ではなかろうか。
応援したくなったので、車に吊るすタベストリーの製作を手伝った。

メニューは2つ。「チーズタッカルビドッグ」と「ラムチョップ」だ。
写真よりもイラストがいいなと思ったので、
私の仕事仲間でイラストレーターKさんに協力を願った。
写真下が、そのタペストリーだ。




「チーズタッカルビ」は、鶴橋コリアンタウン近くが拠点なので、韓国風なのがウケるだろうと考案。流行りのチーズタッカルビを、パンに挟んむという妹のオリジナルメニューで、国産鶏肉がゴロゴロの辛いルーを、竹炭入りの黒いパンに挟み、チーズをいっぱいかけて焼き上げる。ボリューム満点で、ビールによく合う!

もう1つの「ラムチョップ」が、実は一押しメニュー。妹は長距離ランナーでサーファーで、健康オタク(笑) 食べるものにうるさい。その妹がラム肉の効能をとても高く評価していて、健康を考える皆さんに食べてもらいたいと思っているのだ。
実際、20〜30代の美しい女性のラムチョップファンが増えているという。
マッシュポテトを添え、グレイビーソースをたっぷりかける本格ラム料理に仕立てているが、本場ニュージーランドであれこれ食べて研究した自信作で。
もちろんニュージーランドワインにナイスマッチング!

わが妹ながら、子どもの頃から料理がとても上手で、長年玄米ごはんとお酒のおいしいバーを営んできた。今回のキッチンカーは、その延長にあるチャレンジだ。



 


大阪鶴橋。ちょっとディープなエリアにひときわ目立つ「キッチンカーひつじ」。
真白なコックコートを着て、赤いキャップをかぶった妹がお迎えいたします♪


(ライター・松井一恵)



2019年3月20日水曜日

街歩きも楽しい、なすしおばらアート369フェスめぐり

春めいてきた今日この頃、散歩が楽しい季節になってきましたね♪
2019年3月16日(土)~24日(日)の間、地元那須塩原で注目のエリア、黒磯駅界隈を中心にアートプロジェクトが行われるというので、散歩がてら、訪れてみました^^

黒磯駅には別名SHOZOストリートとも呼ばれる、おしゃれショップが集う通りがあります。1988 CAFE SHOZOがあることもあって
自然発生的にお店が集まって来たこの通りは、那須塩原市の中でも、注目のエリア。
今回の「アート369フェスティバル」もそこで行われています。県道369号だから、369なのだそうですが、さりげなく3ミ・6ル・9クと、那須塩原名産のミルクにも語呂合わせでかけているんだとか^^
最初は1988 CAFE SHOZOのとなりにある、「トナリギャラリー」から覗いてみることに。


     ここでは、川島小鳥氏、金氏徹平氏のコラボ作品を展示しています。ギャラリーには大きな写真と、グッズが中央にどっかーん。
これらのグッズを使って、自分でも写真を撮ることができるんです。
 

はてさて、これはなんなんでしょうか?(笑)
本物そっくりのニセキャベツも。なんとなくお茶らけた写真を撮りたくなるグッズが揃っている印象です^^
お次は、「Dear,Folks&Flower」という少し路地に入り込んだところにあるお花屋さんへ。

こんなお洒落な花屋さんがあったなんて、知らなかったぁ~。こういった発見も醍醐味ですね。
参加会場の目印である、チラシが飾られていましたが、中は撮影禁止、残念。こちらには葱田紗希氏の作品を展示。お花と調和していて、素敵な空間が生まれていましたよ。

さて、通りをどんどん歩いていくと、
美容院、「salon Chiune」には、地元の写真家・後藤武浩氏の作品が飾られていました。ひとつひとつの作品に透明感があって、見ごたえがあります。


      さらに、黒磯駅前まで歩いていくと、人気のパン屋さん、「KANEL BREAD」へ到着。
 店内には油彩画家、今井麗氏の作品を展示。平面でいて立体のような味わいのある食べ物を描いた作品が飾られていました。
   となりの「カネルブレッドギャラリー」では、中島佑太氏によるユニークなワークショップを週末に行っていまして、

「トラベル受付センター」と題して、展示会場を周るルートを旅に見立てて、安全で楽しい旅の提案をしてくれるとのこと。



 はてさて、ニンニク、十字架、かつらが必要な旅って、どんな旅になるんでしょう? 混雑を避けて、月曜日に訪れましたが、週末にワークショップに参加してみるのも面白そう!


アートな散歩は、自分の足で歩くからこその黒磯の町並みのよさにも触れられます♬ いやぁ本当に渋い魅力に溢れてますね。今週末までの短い期間ですが、タイミングの合う方はぜひ。


(teamまめ/前田真紀)









2019年3月5日火曜日

今月閉店。麗しき名喫茶、浅草「アンヂェラス」へ、急げ!


2月、とんでもないニュースが目に飛び込んできた。

「アンヂェラス」3月17日で閉店。

ええええーーーー? うそでしょ?
口から声が出るほどの、衝撃だった。

アンヂェラスは戦後まだ間もない昭和21年に創業した洋菓子喫茶店。
物資がないなかでも「甘いものをみんなで食べてほしい」という想いで、小屋のような建物からはじめ、昭和29年ごろ、今の建物が建てられたという。

白壁に木をあしらったチェダー調が外観がしゃれている。
中に入れば、ケーキを並べるショーケースのあたりは礼拝堂のごとし。無造作にいくつもの電球が灯されている姿はまるで、天使がとびはねるよう。




手すりに設けられた、ハトのようにもチューリップのようにも見える目隠しも愛らしい。
柱の飾り、オーダメイドの木製椅子など、初代オーナー夫妻のこだわりがすみずみまで行き届いていて、ときめくばかりだ。
階段下の隠れ席、窓辺席、屋根裏のような2階席、広々とした3階席と、席ごとに風情が異なるのも魅力だ。

 



この店は、時代劇・時代小説ファンにはおなじみ、浅草生まれの食いしん坊作家、池波正太郎氏がこよなく愛した店としても知られている。一度、池波ファンの友人を連れて出かけたら、もうソワソワ、ワクワクしっぱなしで、店を出てもしばらく夢見心地の顔をしてたっけ。
ほかにも、稀代の漫画家・手塚治氏のサインなども飾られていたりする。実は、初代オーナーが飲兵衛で、ウイスキーやハイボール、ジンフィズなど、お酒もメニューに上り、夜はサロンとして、文化人たちがこぞって酒を飲みに集っていたという。
あぁ、そんな時代に通っていたかった!

そんななか、当時はまだ珍しかった水出しアイスコーヒー=ダッチコーヒーに、初代が自家製梅酒を加えて飲んでいたら、池波先生にめざとく見つかったという。それを飲ませてもらった池波先生が感嘆。ほどなくして「梅ダッチコーヒー」がメニューに登場し、名物と呼ばれるようになったとか。
梅酒×コーヒーってどうよ? と訝しんで飲んでみた身としては、これがイケるから驚きだ。そして、梅×アイスティもあり、こちらは爽やかな香りが増幅される。

店の名物は、ほかにも枚挙にいとまがないが、店名を冠ったアンヂェラスはやはり忘れてならないものだろう。
バタークリームというと重く、べたっとした印象があったが、この店でそんな印象はがらりと変わった。
なんて軽くてなめらかな舌触りだろう。
季節限定のアンヂェラスもあり、3月は例年、さくらが登場する。





ふかふかのバナナボート、洋酒をたっぷり染み込ませたサバリンなど、洋菓子はどれも、端正でオーソドックスな見目麗しさ。
4種のゼリーが満載のフルーツポンチに、パフェ、アイスクリームなどもあり、いつか挑戦するぞ、と思っていた。

老朽化のために閉店し、現在のところ、復活はないとのこと。
この味、この情景を心に刻むなら、今しかない!

(佐藤さゆり/teamまめ)





2019年2月21日木曜日

初心者でもたのしめる! 新春歌舞伎のススメ

こんにちは、こんばんは。まめの高橋でございます。

気が付けば新年が明けてから2カ月が過ぎようとしているこの時期ですが、年明けの正月休みに行ってきた新春歌舞伎のお話をしたいと思っております。





 今回、観てきたのは「新春浅草歌舞伎」。公演の30分前に浅草公会堂に着いたのですが、すでに入り口は観客でいっぱい。満員御礼っちゅうやつでした。

尾上松也や坂東巳之助、中村隼人。女形には中村梅丸、坂東新悟などと豪華な俳優陣が、正月にふさわしい華やかな演目で観客を魅了します。

と、かなり通ぶった言い方をしましたが、実は高橋、歌舞伎を観に行ったのは人生3度目。うち1回は仕事の取材で行ったとはいえ、観客としてはド素人です。

そんな歌舞伎初心者でも楽しめるよう、比較的新しめだったり、有名だったりする演目をするのが新春歌舞伎なのだそう。高橋が初めて見たのもまさにこれ。まんまと心を掴まれたわけです。




ちなみに、2部制ですが、それなりに長いので初心者はどちらか片方だけ観るので十分かと思います。今回は午前中の第1部を観劇。演目は以下の3つ。もちろん、毎年演目は変わります。

1 戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)
2 義賢最期(よしかたさいご)
3 芋掘長者(いもほりちょうじゃ)

歌舞伎を楽しむためのコツは、あらすじと見どころを頭に入れておくこと。

ネタばれ大歓迎。パンフレットを買って筋書きを読みながら観るのもよし。プロレスと同じで、登場人物とその舞台設定を知っておくと、あまり言葉がわからなくても内容が理解できます。



 休憩時間は飲食もできる



1 戻駕色相肩(もどりかごいろにあいかた)



登場人物は3名で、2人の「駕籠かき」と1人の「禿(かむろ)」。
駕籠かきは、駕籠にお客さん乗っけて走る人。禿は芸者の小間使いの娘、もしくは見習いみたいなものです。

舞台は江戸時代の京の紫野。禿を乗せて島原から戻る途中、一服休憩している時の話です。

駕籠かきは上方出身の「浪花の次郎作」と、江戸出身の「吾妻の与四郎」で、彼らが話すのは上方とお江戸のお国自慢。とはいっても、内容は遊郭遊びの文化の違い。駕籠の中の禿も外に呼び出し、廓話に花を咲かせます。

演目は撮影できなかったので高橋の拙い絵で失礼します。

途中、禿が子ども扱いされ「おお、しんき」と発する。「ああ、もう悔しい」というような意味


「上方じゃ、豪勢に遊んでから床に入るが江戸ではどうだい」

「いやいや、江戸っ子はもっぱら鉄砲(食事などせず、すぐに床入りする店)よ」

こんな話を踊りながら表現するわけです。話は下世話ながら、駕籠かきの2人の舞はダイナミック、禿を演じる女形の所作はきれいで、なんとまあ優美。雅なもの観てるなあと思いました。


仲良く舞う3人ですが、やがて次郎作の胸元からは連判状、与四郎からは香炉が落ちてさあ大変。実は次郎作は石川五右衛門で、与四郎は真柴久吉、要は秀吉さまだったとわかります。五右衛門は秀吉さまの首を狙っているものだから、お互い「おのれ曲者!」ってことになるわけです。あわや一触即発となりますが……

というのがあらすじです。この演目は、「しばらく上方にいた大物の役者が江戸に戻った時、江戸側の大物の役者さんと共演するためのごあいさつ舞台」として、作られたものらしいです。「戻駕」っちゅう言葉には、そういう意味合いも含まれているとかいないとか。



2 義賢最期(よしかたさいご)



続いては「源平布引滝(げんぺいぬのびきたき)」という全部で5段ある話のうちの2段目にあたるお話。

源頼朝・義経兄弟の叔父上・木曽先生義賢(きそせんじょうのよしかた)さんのお話で、平家が力を持ち始めた時の話です。義賢は平家に降伏し、表向きは平家に仕えているかたちになっています。

この人、この話で最重要アイテムの「源氏の白旗」を所持し、「いつかこの旗かかげて源氏再興したるからな…」と、密かに熱い気持ちを燃やしている男です。そこへやってきた平家の小間使いの男「折平」。実は彼も源氏の末裔だっちゅうことで仲間になります。



が、その後ほどなくして平清盛からの使者が来訪。「白旗出すか、死んだ兄貴のどくろを踏むか選べ!」と迫ってきます。この要求に憤慨した義賢は、なんと兄ちゃんの頭蓋骨で使者をぶん殴り、最後は切り捨てごめん!


使者も大概だが、義賢もなかなかクレイジー。よっぽど腹に据えかねたのだろうけれど……


かくして反逆者となった義賢のもとに平家の軍勢がやってきて、屋敷内は大乱戦。奮戦するも、義賢は力尽きてしまう。というお話です。


この演目は、義賢を始めとした演者たちの大立ち回りが見どころ。物語が進むにつれ激しくなっていきます。高い所から落ちたり、階段を頭からすべり落ちたり、歌舞伎役者の身体能力の高さに驚愕! 

前半部分の物語は登場人物が多くてわかりにくいところはあれど、「どくろ踏めよ」って言う使者が出て来るころにはなんとなくわかってくるので大丈夫!……のはず。


3 芋掘長者(いもほりちょうじゃ)



この演目は単純明快。美しい姫さま「縁御前」の婿選びの話です。縁御前さま、舞を観るのがたいそう大好きで「踊りが上手な人を旦那にします」と言い、婿候補を募ります。



ちなみに、縁御前は自分自身で踊るのも大好き


各地から集った踊り自慢のなかに、一人だけ自信なさげな男が。この人が主人公の「芋掘藤五郎」です。芋を掘るのはうまいけれど、踊りなんぞはからっきし。だけれど縁御前のことは大好きな純朴男子です。そんな藤五郎の切り札は、付き添いの友人「治六郎」。舞踊が達者な彼に面をかぶってもらい、代わりに踊ってもらうという作戦です。この治六郎。また、友人思いでとてもいいヤツなんです。

と、あらすじはこれだけ覚えておけばOK。大正時代に書かれた演目ということで、言葉や仕草もわかりやすく、内容もコメディタッチ。会場は笑い声につつまれていました。

歌も楽器も舞台上で演奏され、演者全員で踊ります。正月にふさわしい、華やかな演目で、高橋はこれが一番好きでした。

---------------------------------------

と、つらつら書いてきた新春歌舞伎。

1はチュートリアル
2は重たくて長めの話
3は踊りがメインで華やか

あくまで勝手な高橋の感想なのですけれども、新春歌舞伎のパターンってこれかなと思いました。2が、結構頭を使いながら観るような感覚でしたが、3の芋堀長者が軽~い気持ちで見られたので、最終的には幸せな気分で会場を後に。

心残りがあるとすれば、「よろずや!」(役者が出てきたときや、見どころでの「待ってました!」的な掛け声。役者の屋号に由来した呼び方をする)と声を掛けるタイミングがいまいち掴めなかったところ。これをビシッと決められてこそ初心者脱却か、なんて考えている高橋でした。次は歌舞伎座にも挑戦してみたい!


おまけ


せっかく浅草に来たんだから、もひとつ雅なことがしたいと立ち寄ったのが「どぜう飯田屋」。


「どじょう」ではないです。「どぜう」です。オーダーはもちろん「どぜう鍋」。卓にはねぎが置かれていておかわりし放題!

どぜうは骨ばかりのイメージだったのですが、思っていたより肉厚で、脂が多いなと感じました。醤油香る甘辛い出汁が染み込んでいて乙な味。最後にごはんと卵を頼んで雑炊にすればもっ最高!

どぜう飯田屋
東京都台東区西浅草3-3-2
03-3843-0881

(teamまめ 高橋健太)