2020年3月24日火曜日

え? こんなに急峻? 天下の武将たちがこぞってのぼった岐阜の稲葉山城こと、金華山の山下り

まむしこと、斎藤道三の居城といえば、岐阜市の金華山の頂きに建つ「稲葉山城(岐阜城)」だ。若き日の明智十兵衛光秀がしょっちゅう呼び出しをくらい、そのたびに登城していたと、大河ドラマで描かれている。


標高は329m。高尾山よりも低いのだが、大河の長良川のほとりからもりもりと天に突き出していて、その急峻たるや。難攻不落とはよく言ったものだ。
山裾は現在、公園となっていて、岐阜名物、とふ田楽や五平餅を出す茶店も点在。
豆腐に味噌ダレを塗り、山椒を振った田楽だが、これがうまいんだなぁ〜。


ちょっと小腹に入れたら、いざ登城じゃ。斎藤家の幟の案内でたどれば、ロープウェイ乗り場がある。


うほほ〜〜〜い。楽チン。
ロープウェイにのると、眼下に長良川。そして、岐阜が濃尾平野と美濃の山々の境目にできた街というのがよくわかる。山がぽこっぽこっと生まれはじめる場所なのだ。

そして、金華山の山頂へ到着すれば、そこにお城が!



戦国時代の井戸跡や、道三の頃に築かれた石垣などが残り、見応えたっぷり。江戸時代前期のお城時計=大名時計、和時計も現役で時を刻んでいる。 
ちなみに金華山にはリス園もあり、野良リスがいたりもする(出会えなかったけど)。
そんな自然豊かな場所ゆえ、そのまままたロープウェイで帰るのはもったいない!
ということで、歩いて下山することに。

金華山のハイキングコースはこれだ!


ちなみに、ロープウェイ乗り場のおじさんには「もう夕暮れだし、明かりも案内も何もないから、初めてならおすすめしませんよ」と釘を刺され申した。
とはいえ、グーグル先生は「百曲登山道」ならば、30分で下界へ帰れるとおっしゃっている!
日は西へ。急げば、日没にはまだ間に合う!



さすが山城。岩盤がむき出し。そして、急坂。


行けども行けども、岩盤がむき出し。そして、急坂。
そして、コース選択に後悔の念がふとよぎる。
大昔、溶岩か沢が流れた跡なんじゃないかと思うほど、とにかくゴッツゴッツ。時折、手をつき、屈伸し、岩場や木の根のトラップに足をとられないよう、気をつけながらそろりそろりと進む。
しまいにはこんな看板も。いるのか、イノシシ!?


ふ〜。日没に間に合った!
下山とはいえ、いつもと違う筋肉を使いまくったおかげで、足がガクガクプルプル。

確かに30分ほどで下山できたものの、いやはや、最後の最後まで気が抜けないアドベンチャーな小道続き。
それでも、途中でスタスタ走り抜ける地元のおじちゃんに遭遇したのにはびっくりだ。あの人は天狗の申し子だったのだろうか?

初心者なら「めい想の小径」「七曲登山道」がおすすめだそうで、急坂も岩ゴツゴツもないと聞いたのは、下山のはるか後。
1時間ほどで老若男女関わらず登れる気持ち良い道だそうなので、一度、お試しあれ。

(teamまめ/佐藤さゆり)

2020年3月10日火曜日

荒ぶる風吹く荒川河川敷! ちょっとためになる物書き流動画制作の話



みなさん、こんにちは。こんばんは。teamまめの高橋です。



さてさて、普段はものを書き、米と味噌を買う暮らしをしている私ですが、今回は動画制作の仕事が舞い込んできたので、その話について語ります。動画制作にも色々なやり方があるかと思いますが、「物書きだからこそできる、動画制作」のやり方というか、思考みたいなものを、小話も混ぜて話をしようと思っております。お付き合いくださいませ。






遊びが仕事になってしまった、稀有な案件


動画自体は、もうすでに納品しておりまして、YouTubeにて公開されております。


はしトモ先生、司法書士の仕事もちゃんとやってます。ハイ



依頼主は、経堂で司法書士事務所を経営している高はしトモ宏先生。通称、はしトモ先生。



この方、高橋が物書きをやる以前から仲良くしていただいておりまして。なにやらメディア進出のためのPR動画を作ってほしいとのことでした。



なぜ、しがない物書きの私めに依頼が来たのかというと、実はタコ焼き屋をやっていた時から仲間とともに遊びで動画制作をやっておりまして。その頃作った動画を観たはしトモ先生、「ぜひ、お願いしたい」と言って下さったわけです。



その時作った動画が、こちら。


この全力疾走している女の子が、今回のダンスの振り付けを担当しました。なんでもできるなあ、スゲエ



依頼をもらった側の高橋が「はしトモ先生、一度考え直した方がいいのではないですか」と、進言したことは言うまでもありません。「僕は、ふざけた動画しか作れませんよ」と。



それを聞いたはしトモ先生、「そんな君だからお願いしたいんです」と、ありがたい言葉をくださりまして。「やるなら、死ぬほどふざけますから」と、念を押し、依頼を受けることに。


「こんなふざけた動画しか作れない私たちに依頼をするなんて、はしトモ先生大丈夫ですか」と、心底心配する制作班を説得し、企画と構成を考え始めます。






司法書士の先生らしからぬ演出で、1分間を駆け抜ける



作るのは1分程度のPR動画。この中で、はしトモ先生を知らない多くの人に「どんな人か」を伝えなければいけません。



1分間て、すごく短いと思うじゃないですか。でも、テレビで流れてるCMって基本的に15秒か30秒のどちらかなんです。つまり、1分間の動画には、テレビCM2~4本分の情報を詰め込むことができるということ。そう考えると、1分って意外と長いんです。



じゃあ、余裕があるかというとそうではない。長いということは、たかだか1分の動画でも、飽きて離脱してしまう人が出てくることも考えられました。



そこで、1分を飽きさせないように「お堅いと思われがちな司法書士の先生が、ダサかっこよく踊る」というテーマで企画を立てることにしました。昔、「武富●」のCMがありましたが、レオタードのネーチャンが踊っていたの、今でも記憶に残っている人、多いんじゃないですか? あんなかんじに、なんのこっちゃわからんけどインパクト強くて、癖になる動画にしようと思ったんです。





実は、エキストラの皆さんは振付を当日に教わって撮影に臨むという鬼のようなスケジュールでした。スゲエ


説明を省き、最小限の言葉だけで動画を構成



とは言え、はしトモ先生がどんな人かをしっかり伝えることが一番重要です。ここでぱっと思いついたのは、夏目漱石の小説「吾輩は猫である」の冒頭のくだり。



「吾輩は猫である。名前はまだ無い。」



この文章。圧倒的にわかりやすい自己紹介! 幸いにも、はしトモ先生は「最終学歴高卒の、元パチプロ」という、凄まじいフックを持っている方だったので、これを冒頭に持ってくれば、つかみはOK。被写体に恵まれたなと思いました。



となると、構成は、



・私ははしトモ先生である。司法書士をやっている。

・司法書士は、合格率低くてなかなかなれないものである。

・だが、私は最終学歴高卒の、元パチプロのくせに受かったのである。

・その経緯は、これこれこうである。

・そんな私だから、こんな理由でメディアに出たいのである。

・そんでもって、今はこんな活躍しているのである。



で、決まり。また、スピード感を出すために、極力説明をしないこと。そのため、最小限の言葉だけを選んで字幕もシンプルで読みやすいものにしようと考えました。






ある意味、視聴者にはこれだけ覚えてもらえばいいとすら考えていた監督・高橋

もうひとつ気を付けたことは、映像と音声、どちらか片方だけ流しても意味が伝わること。これは高橋の持論なんですけど、いい動画って音だけでも、画面だけでも内容が伝わると思うんです。それを意識して作ったんで、もし良かったら、今回の動画を目をつぶって聴いたり、音を切って眺めたりしてみてください。





さてさて、撮影現場での秘話もあるのですが、長くなるので今日はここまで。北風吹きすさぶ荒川河川敷で、エキストラの皆さんも、スタッフも、ほんに頑張ってくれたもんです…。この様子は近日中に、動画で公開しようと思うので、見かけたら観てやってくださいな。





クレーンやスタビライザーなどがなかったので、横移動の場面はカメラマンが手持ちで。あとから聞いたら「マニュアルフォーカスでやってました」とのこと。なんでピントがボケないんだろう、スゲエ



とにもかくにも、企画から構成や言葉選び、撮影の準備、当日の手順など、普段の物書きの仕事で学んできたことを総動員したら、スバラシイ動画を作ることができました。ほんに、鍛えてくれたお師匠様方には、感謝、感謝です。培ってきたものは、どこで活かせるかわからんものですなあ~♪



(teamまめ 高橋健太)


2020年3月7日土曜日

こんなときこそ、成城石井のスイーツだ!

こんにちは。

コロナウイルスの感染に関するニュースばかりが流れる毎日、
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

家で過ごすのは嫌いじゃないけど、こう毎日家にばかりいては気も滅入ってきちゃいますね。

そんなとき、TVで高級スーパー「成城石井」の特集がされていて、
久しぶりにあそこのスイーツを食べたい! と思い立ったのです。


そんなわけでやってきました、成城石井。
調べてみると、1927年創業で、現在は関東を中心に178店舗(2020年3月現在)を展開しているそう。

成城にある店舗は一号店

店内の写真は撮れませんでしたが、購買意欲を掻き立てるような商品がズラリ。
TVでもやっていたのですが、オリジナルの惣菜はセントラルキッチンという調理場で作られていて、
もともと一流のホテルやレストランに勤務していたシェフが作っているのだとか。
惣菜も一流の味! というわけです。


話はそれましたが、今回のお目当てはスイーツ。
3品買って、ご満悦で帰宅♪

買ったものを紹介していきます。



①モーモーチャーチャー 399円(税別)
この呪文のような名前、実は「ごちゃ混ぜ」を意味するマレーシアのスイーツを参考にした商品だそう。
ココナッツ風味のブラマンジェの上に甘く似たサツマイモと豆、白玉が載っています。


その名の通り、ぐるぐるっと混ぜていただきます。


ココナッツの香りが口いっぱいに広がり、サツマイモの甘みや豆の塩気がところどころに現れ、表情豊かな一品です。
食べ終わる頃にはまた食べたくなる、不思議な魅力のスイーツでした。




②宮崎県産不知火の杏仁豆腐 380円(税別)
次は不知火(しらぬひ)=デコポンを使ったこちらのスイーツ。
「〇〇産」というご当地感に弱い私としては、このテの商品をつい手に取ってしまいます。

杏仁豆腐の上にプリッとした瑞々しいデコポンが載って、さらにジュレで覆った一品。


杏仁豆腐の甘さとデコポンやジュレの爽やかな酸味が絶妙なバランス!
こちらは期間限定スイーツのようなので、気になる方はお早めに。




③コーヒーゼリー 266円(税別)
最後は、成城石井に行くと必ず買ってしまう大好きな商品、コーヒーゼリー。
よく売られている一般的なコーヒーゼリーはコーヒー味のゼリーの上にミルクをかけて食べるスタイル。

ところが、こちらはミルクゼリーの中に角切りのコーヒーゼリーが浮いているのです。

ミルクゼリーの控えめな甘さとコーヒーゼリーのほろ苦さ、計算し尽くされたバランスで、さすがのロングセラー商品! だと思います。
甘すぎず、大人味なところもいいですね。


1000円ちょっとでこんなバラエティ豊かなスイーツ3品が気軽に味わえる成城石井。
我が家では娘たちとシェアして食べて、楽しいおやつタイムを過ごすことができました。
スイーツってやっぱり癒されますね。


コロナウイルスでお家生活を余儀なくされているこんなときだからこそ、
少しでもワクワクするような美味しいものを買って、
ご家族で楽しんでみてはいかがでしょうか。

(teamまめ/香取麻衣子)







2020年2月18日火曜日

地方の渋い映画館が好きだ! 100余年の歴史ある上田映劇へ




     『パラサイト 半地下の家族』が第92回アカデミー賞 オスカー受賞! 
     アジア初の受賞という快挙、本当にすばらしい。
     さらに、日本では毎日映画コンクールの受賞作品発表があり
伊勢真一監督の新しい作品
『えんとこ の歌 寝たきり詩人:遠藤滋』がドキュメンタリー賞に輝いた。

     「オスカー」と「毎日」じゃスケールがちょっと違うかもしれないが、
     映画のホットな話題が続いている。

     無類の映画好きだが、ドキュメンタリー映画贔屓で、
巨大なシネコンよりもミニシアターが好きだ。
     と同時に、地方にある地方ならではの映画館が好きだ。
     シネコンに客を掬われつつも、運営側も観客も映画館を守ろうとしていて
     古くて渋く、一見寂れているようだが、なんのなんの、めっちゃ熱い。
     そんな熱い映画館で映画を観ると、映画っていいなあと東京にいる時より
     もっと深く感じられるのだ。

     長野県上田市には、上田が誇る『上田映劇』がある。


えっ?浅草?  雷門ホール? 

写真間違えて貼ってるんじゃないか! と思われるかもしれないが、
 ここが、上田映劇のメイン外観だ。なんで「浅草」かについては、のちほど。

入り口。木枠にガラス張り、白いカーテンがなんとも良い風情だ。







270席1ホールが、どーんとあり、意外に大箱。
舞台になっているので、芝居や演芸もやる。



見上げると格天井が! 
関東大震災で消失する前の東京・帝国劇場の天井を同じデザインだという。
立派だ。

もともとこの場所は昔から上田の娯楽の拠点で、
明治時代には芝居小屋「末広座」があった。
そこに上田映劇のルーツ「上田劇場」が誕生。
1917年(大正12年)のことだ。歌舞伎もやったんだって。
時代は流れて、シネコンが誕生し、2011年に定期上映の映画館としては
一旦幕を閉じることに。しかし、上田映劇を愛する人たちは、
朽ちていく映画館を放っておかなかった。
NPOも立ち上がり、2017年に定期上映が再スタート!

で、なんで浅草か?
実は、上田市は、自然あり昔の街並みあり温泉もあり、
映画のロケ地として市をあげて歓迎していて、
映画人の中ではかなり評判が高い。

2013年に上田で撮影された『青天の霹靂』(劇団ひとり監督・大泉洋主演)では
昭和40年代の浅草を再現したのだが、その時に上田映劇を使って
「雷門ホール」のセットを設えた。それがこれで。
今もそのまま残しているというわけだ。



緞帳は、主演の大泉洋がプレゼントしたのだろうか?



映画を観た後は、余韻に浸りつつ上田の街をぶらっと歩く。

セットなのか、本物なのか。判断に困るような店に遭遇した。




上田に来たなら必ず立ち寄りたい『みすゞ飴本舗』の本店へ。
本店でしか買えない限定のゼリーを自分へのお土産に。



  さらにぶらぶらしていると、こんな直売所に遭遇。



          上田いいところ。映画にやさしい。人にも猫にも、やさしい。

                                by 松井一恵

2020年2月3日月曜日

世紀の名車が勢ぞろい! 那須 クラシックカー博物館

みなさんは、今どんなクルマに乗っていますか? 
もしくは、どんなクルマに乗ってみたいですか?
わたくしは現在軽自動車に乗っていますが、次にもし買い替えるとしたら燃費の良い電気自動車にできたらいいなぁと夢見ております。あくまで憧れですが。

さて、那須高原は、ドライブに最適な気持ちよい道が多く、ちょくちょくクラシックカーを運転している人をみかけます。こんなクルマあるんだなぁとしげしげ眺めさせてもらったり。

クラシックカーが醸し出す独特のフォルム、その存在感は、燃費どうこうをおいておいて、つい目を奪われる魅力があると思うのです。
そんなクルマ好きの心をくすぐってくれるのが、こちら那須街道から少し右に入ったところにあるクラシックカー博物館。前々から気になっていたので、思い切って足を運んでみました。

入館料1000円を支払って中へ。現在3点チョイスクーポンというものを観光協会やHPで手に入れれば、➀入館料100円引き、②カフェでコーヒーを一杯(通常400円)、③ミニカーのプレゼントの3択からひとつ選べます。

ちなみにチョロQばりに走るブリキのミニカーがあったので、こちらをチョイスしてみました。
入口では、スペースカーがお出迎え。お台場にあるトヨタが運営するMEGA WEBのヒストリーガレージには行ったことがあるのですが、こちらはひょっとして個人のコレクション?と思って、聞いてみたところ、特にそういうわけではないそうです。

 クラシックカー博物館をこの地に作ると決めてから、買い揃えられた博物館だそうな。観光地ならではのちょっとキッチュでポップな雰囲気が漂っていて、個人的にはテンションあがります。平日の午前中なので、ほぼ貸し切り状態^^

ベンツ。
1923年アメリカ製フォードTリムジン。
ロールスロイスも。

1959年ドイツ製メッサーシュミット。中に乗って記念撮影もできます。
個人的にカッコえぇと思ったのは、1951年イギリス製ジャガーXK120。
こんなクルマが走っていた時代があったのですねぇ~、感慨深いです。

ロンドンタクシーも中に入ることができましたよ♪

 どことなくキッチュ感を漂わすのが、2階の展示コーナー。世界のポリスハット展なる展示がありました。
お帽子がいっぱい。

 ハンガリーの昔の警備隊のヘルメットも。目の付け所がユニーク。思わず見入ってしまいました。

ファミリーなら、子どもが乗車OKのクルマに乗って撮影もできるし、お土産品コーナーの品揃え豊富で、おもいのほか楽しめるというのが感想です^^ 博物館は天気が悪い日でも楽しめるのもいいところですね!    
                         (teamまめ/前田真紀)