2018年6月20日水曜日

たこ焼きの話


みなさん、おはようございます。こんにちは、こんばんは。
夏でも冬でも新陳代謝だけは「いい男」。高橋健太でございます。



また、タイトルが唐突で「なんのこっちゃ」と思う方も多いと思いますが、ワタクシ実は数年前まで杉並区の阿佐ヶ谷で「うけたこ」というたこ焼き屋の店長をやっていたのです。ライターになってからは久しく焼いてはいないのですが、この週末(624日)に恩あるまめメンバー佐藤さゆりさんの引き合わせにより「たこ焼きナイト」をやることになったんです。

宣伝っぽくなるんで、詳しくはこちらのページからご覧ください(これもすでに宣伝っぽい)。

そんなわけで、この機会逃したらたこ焼き時代の話を書くタイミングがなさそうなので、今日は高橋の昔話を書かせて頂こうかなと思います。

店のアイドル「たこやん先輩」

いっちばんはじめは、高橋はイタリアンの個人店で修業をしていたのです。この時は23年やってましたね。

そこからの帰り道で、路上に真っ赤な車を停めてたこ焼きを売っているニイちゃんに出会ったのですが、これがのちにお世話になる「うけたこ」創始者の伊藤陽史さんだったわけです。

外カリ中トロでソースをつけないでも激ウマのたこ焼きと、テレビで聞くようなコテコテの関西弁は、高橋がそれまで出合ったことがないものですっかり虜になり、毎晩通うようになります。また、この伊藤さんは元バンドマンで、音楽がひと段落したあとのとある朝、目を覚ました瞬間に「あ、たこ焼き焼こう」と思い立って始めたんだとか。

「そんな人生あるんかい」と衝撃を受けたもんです。でも、何を始めるのにも遅いことはないと高橋が今でも信じていられるのは、この時にこの話を聞いていたからだと思うのです。

カウンター8席+テーブル1席の小さな店でした。

それから半年くらいして、伊藤さんは阿佐ヶ谷のすずらん通りで「うけたこ」をオープンしました。


写真はオープンして数年経ったころのものです。テイクアウトとイートイン両方兼ね備え、酒も飲める、大人が遊び場にしたくなるような店でした。

一方、そのころの高橋はというと、当時の職場で人間関係がうまくいかず、かなり揉めた末に辞表を提出。ベタな展開ですが、荷物をまとめて地元に帰ろうとしていたタイミングだったのです。

そこで、お世話になった伊藤さんに挨拶をせねばとお店に顔をだしたとき、「けんちゃん、たこ焼き焼こうや」と声をかけていただき、一緒に仕事をすることになったのです。当時の髙橋があまりにメンタルが弱すぎるのを見かねていたのかもしれません。今でもそんなに強くはないんですけどね。

最初の2年間は伊藤さんが乗っていた車「うけたこ号」を動かしてイベント出店をしてくること。

風が吹けば飛ぶような小さな車。色んな現場を駆け回った赤いヤツ。

なかなか楽しそうな車でしょう? 冬でも車内温度は40度を越え、容赦なく来るお客さんのためにひたすらたこ焼きを焼き続ける、寝ても覚めてもたこ焼き尽くしのゴキゲンな毎日を送っていました。当時は地平線の向こうからたこ焼きがゴロンゴロン転がってきて押しつぶされる夢を毎晩みるほど。そりゃ、体に染みつくわってわけですよ。なんだかんだ毎日1000個以上は焼いていたんですから。

いまも、この車のカギはお守りにしていつも持ち歩いています。やっぱり思い入れは強いもんで、相棒のように感じていましたね。

その後、法人化し、伊藤さんが忙しくなったところで高橋はうけたこ本店の店長になり、5年間お客さんと仲間に助けられながら店を切り盛りしてきたわけです。

夏の日が長い時期に「日が暮れるまで100円セール」なんかをやったり、お店に来てくれた有名アニメーターの先生にドリンク回数券のデザインをハイボール一杯でお願いしたり。ときたま相棒の「しゅん君」が入る日は、まるっきり仕事をせずに体力を温存したりと、傍から見るとかなり危うい高橋を、伊藤さんや仲間たちは本当に(生)暖かい目で見ていてくれていたんだなと思います。

奥でピースサインしているのが伊藤さん。

まあ、そんなこんなです。エピソードは書ききれないし、「じゃあ、なんであんたはライターになったのよ?」て、思う人もいるかもしれませんが、長くなるんでまた今度。機会があったら書きますね。いや、これがまた高橋のヘタレエピソードなもんで、書くのに覚悟がいるんですわ。

というところで、本日はこのへんで。たこ焼きナイト、興味がある人はきてくださいね!

ROCK KITCHEN1984たこ焼きナイト
(やっぱり宣伝するんかい!)

髙橋健太

2018年6月6日水曜日

電車を降りたらそこはまるで北欧! 天竜浜名湖鉄道の都田駅へ

駅が好きだ。

単なる通過点とするにはもったいないぐらいの魅力が駅にはあると思っている。

ホームにその土地の名物をかたどったオブジェなんかがどんと置かれた駅を見つけると「おっ!」と心が高まる。

ホームで足湯に浸かれる上諏訪駅、改札に出るまでに462段の階段を登らなければならない“もぐら駅”と呼ばれる土合駅など、日本列島にはユニークな駅がたくさんあるのだ。

国土地理協会の【緯度経度付き全国沿線・駅データベース】によると、平成30年4月現在、全国にある駅の数はなんと9227駅!
新駅が誕生する一方、採算の合わない路線の廃止が進み、全体的には駅数は減少傾向にあるように思えるけど、まだまだ日本には私の知らない駅がたくさんあるんだなと思い知らされる。

そんな日本の個性豊かな駅の中から、今回はこちらをご紹介。


一見、駅とは思えないオシャレな木造建築。
こちらは、静岡県浜松市にある天竜浜名湖鉄道の都田駅。
看板には“世界で一つのSlow Lifeが始まる駅”と書かれている。

木造駅舎の屋根のひさしには、憧れの北欧ブランド「マリメッコ」のファブリックが暖簾のようにお出迎え。



中に入ると、思わずわーっと声をあげてしまうほどの光景が。

 




壁一面に貼られたマリメッコなどの北欧デザインのファブリックパネルに、木製のオシャレなシャンデリア。
ここが駅舎であることを忘れてしまいそう。

ホームもこんな感じ。
ああ、素敵。うっとり。


でもね、こちらの駅は北欧の装飾がされているからだけでなく、
ホームから見える景色もまた素敵なんです。



単線でローカル線の風情満点&緑に囲まれ癒され効果も抜群!!
こんな駅ならばのんびりとした気分で何時間でも電車が待てそう。


ちなみに、駅にはカフェも併設されている。
その名も「miyakoda駅Cafe」。
店内では、コーヒーと手作りクッキーがいただけるそう。



テラス席はホームに面していて、まさにトレインビューの特等席。
ちょうど電車も入線してきたのでパチリ。

 


と、ちょうどここでお店の方が出てきたので、少し話をお伺いすることができた。

都田駅は昭和15年(1940)に開業した、約70年以上も前の木造駅舎。
その駅舎を3年前、平成27年に地元の建設会社・都田建設がリノベーションし、古材と自社の店舗で扱っているマリメッコなどの北欧デザインのファブリックを使って駅舎とカフェを一体化し、生まれ変わったのだとか。
無人駅だった都田駅が平成27年にはグッドデザイン賞を受賞。
週末ともなると遠方から訪れる女性たちが跡を絶たないのだとか。



天竜浜名湖鉄道に乗って、北欧の世界観が広がる都田駅へ。
たまには都会の喧騒を離れて、駅目当ての旅をしてみるのもいかがでしょうか?



(teamまめ/香取 麻衣子)













2018年5月16日水曜日

鹿児島・城山で、西郷どんに「おやっとさあ」



たまたま入った定食屋で、 NHK大河ドラマ『西郷どん』をやっていて、
お客の全員(ほぼ男性)が超真剣に観ていた。
うむ、今回の大河は人気があるのだろうか。
調べてみると、視聴率は上がったり下がったりだが、
奄美大島が舞台になる18話の二階堂ふみの登場で、上向きになったそうだ。
という話のなりゆきだと、奄美大島に飛びたくなるが、まずは鹿児島へ。

「西郷どーん!」と叫べば、街中あちこちにうようよいるよ西郷どん。

自動販売機にもくっついて、「空きカンはここに入れてごわす」
なんでこの位置に穴が空いているのか誰か教えてつかんさい。
(みなさんならどこに穴を開けますか? 私なら下っ腹のちょい下に!)





さて、この写真の本物を求めて、目指すは市内高台、桜島を望む城山公園だ。
明治維新、鹿児島に戻り激動の生涯を閉じたのが、この城山の地。
没後50年を記念して造られた銅像が、これだ。









作者は鹿児島出身の彫刻家、安藤照氏。安藤氏の他の代表作は、東京渋谷にある忠犬ハチ公なんだけど、並べてみると、なんとなく似ている。
すぐ近くに、立ち入り禁止の建物を発見。 石造りでバルコニーまである。
立ち入り禁止と言われると気になるのが性分で近づいてみると、
昔の県立博物館・考古資料館だった。
その前に、雨上がりにかたい葉を煌めかせている見事なソテツ があった。
なんと、樹齢400年というソテツ……




西郷どんより、存在感があるではないか!



この巨大かつ長寿のソテツ、ただもんじゃない。このソテツから、世界で初めて精子が発見されたんだという。あ、ちょっと言葉が足りんかった。ソテツの精子が、だ。しかも、雌株についた胚珠の中から見つかったというから、ロマンを感じて、見惚れてしまい、銅像の前で過ごした時間より10倍も長く立ち尽くしてしまった。

他にも、城山エリアは見どころ満載で、展望台からは桜島の勇姿も見えるのだが、残念ながらあいにくのお天気なので、城山観光ホテル内にある、「城山ブリュワリー」へ突入。
鹿児島の産物を使ったクラフトビールは、奄美大島のサトウキビが原料の黒糖を使ったスタウトもある。


スタウトがなかったので、定番のペールエールで乾杯をして、
明日は晴れて桜島がきれいに見えることを祈願!



   今日はこのへんで、「おやっとさあ」。(松井一恵)

2018年5月2日水曜日

奈良美智さんの美術館、N'sYARDが那須塩原に♪

言わずと知れた世界的なアーティスト、奈良美智さん。

奈良さんがアトリエ兼住まいを那須塩原に構えているという話しを聞いて以来、
どこかで偶然出会えないかしらと密かに願ってウン年が過ぎております。

ほぼ20年来のファンとして、奈良さんが同じ地区に住んでいるというだけでも
心躍るのですが、やはり庶民のわたくしとは行動範囲が違うのでしょうね。
ニアミスすら一度もありませんでした。

しかし、ここに来て朗報が!
この春那須塩原の青木地区に奈良さんの美術館ができるというじゃあありませんですか!

じつはすでに秋にプレオープンしていたという話しなのですが、まったくノーチェックでした。悔やまれる。。。
で、オープンを今か今かと待ちわび、その日3月9日を待っていたのですが、一週間オープンが延び、3月16日オープン初日! 
さっそく足を運んでまいりましたN'sYARDへ。場所は明治の森の横あたり。緑が多い気持ちの良い場所です。訪れた日は3月でまだ寒々しさが残っておりましたが、初夏になれば素敵な木々に囲まれることでしょう。

    
  勝手にもう少し小さなギャラリーみたいなものを想像していたのですが、
なんとも立派な佇まい! 敷地もかなり広い模様です。
          
オープン初日のその日も駐車場に停めてある車はちらほら。県外ナンバーが多い模様です。で、1500円のチケット代を払って入館。
チケットもさすがのキュートさです。
    そして、ここからは残念ながら撮影禁止。。。。


 入口を入ると、前室として、奈良さんのコレクションであるレコードジャケットが壁一面に飾られておりました。奈良さんはお気に入りの音楽を聴きながら制作されているそうで、音が聞こえてきそうなプライベート感がにじみ出ており、気持ちも高まります♬
  そこからは、ため息が出るような大作あり、これまでのドローイングあり、奈良さんの仕事部屋を再現した小部屋があり。小物もどれもかわいらしく、センス溢れる空間で、もうずーーっと見ていられます。

同じような小部屋は青山のAtoZカフェにもありましたね。それがこの那須塩原にできたなんて、感無量です(涙)

   「コナラカフェ」なるカフェもあります。このときは食事系のものは一切なかったのですが、HPを確認したら、週末限定の仕出し弁当を始めた模様! 次回はぜひいただきたいものです。

で、最後のお楽しみは、ミュージアムショップ。
           
 やっぱりお目当てはN'sYARDのオリジナルでしょう。絵ハガキやバッチ、バッグ、Tシャツなど気楽に身に着けられるグッズが多いのもうれしいです。

           唯一の野外作品。
           
敷地には作品のひとつと思しき、巨大な巣がありました。正式には「N'S NEST」と呼ぶようです。HPのニュースによると、この巨大な巣にリスが現れることもあるようです。見たいなぁ。
 そうそう、初日ぐらい奈良さんが姿を現さないかなぁと期待したのですが、残念。。。現れませんでした。
  でも、これで地元でのお気に入りスポットがまたひとつ増えてうれしい限り。
  緑に囲まれたN'sYARDを見に、近々また足を運ぼうと思います。
                       (teamまめ/前田真紀)  
 







2018年4月17日火曜日

宮城県南三陸、おどろきの名物巡り



さんこめし、というめしの名前を聞いたこと、ありますか?
こちら、宮城県南三陸町の新たなご当地料理として名乗りを上げた一品。
あな「ご」、タ「コ」、ハラ「コ」の三つの「コ」がのった丼めし。
三陸沖といえば、世界三大漁場の一つ。マダイだって、アワビだって獲れる獲れる。

南三陸の名物といえば、春夏秋冬のキラキラ丼が定着しているが、
そこに早春限定で殴り込みをかけたのだ。

季節料理 志のや」で、かっこんでみると、「丼の宝石箱や〜」と、口から出てしまうほどの贅沢っぷり。
とろりと濃厚な旨味が口のなかでほどけるアナゴ、身が柔らかい志津川のタコ、そして、キラキラプチプチのイクラちゃん。
しかも、アナゴ、タコ、鮭の出汁で炊き込んだごはんとあいまって、口の中で海の香りが大潮となって押し寄せる。

こちら、4月末までの期間限定めしだ!


*食べられる店
https://www.m-kankou.jp/sankomeshi/

南三陸町には、昨年のGWに新装オープンした「ハマーレ歌津」がある。
ランドマークとなっている「さんさん商店街」と同じく隈研吾氏の設計で、ユルい風情が木造りの商店街を包み、日暮れとともに切り絵の行灯がなかなかにいい風情。

 



 





商店街はたいがい、18時には終わり。でも、でもでも。
酒屋「佐藤酒店」の明かりだけは灯り続けて、バーに変身した!

 
珍しい地酒はもちろん、ビールに酎ハイもあり、ご近所に泊まれば、ほろ酔い決定!
地元の若者たちが集う、楽しい夜の始まりだ。

ほかにも、水産加工の店「マルアラ商店」は、酒の肴とごはんのお供のオンパレードながら、ソフトクリームも販売。そして併設する工房では朝からバームクンーヘンを焼いている!

なぜ? 魚屋さんが???

「だって食のプロだもん。舌には自信あるから、バームクーヘンだって、本気でおいしいもん作ってるんです!」

 

バームクーヘン、気になりすぎて手が伸び、つい、写真を撮り損ねてしまったー!
あぁ・・・。
今では地元の名物おみやげとして、赤丸急上昇だ。

気になる人は、現地でチェキラ!
洋品店も健在!
さらに、「さんさん商店街」も、大変なことに。
たこプリンはタバスコかけて

かまぼこ屋さんのつみれ汁は胃の腑にしみる〜

次回こそ、味わってみたい!

仙台のお国言葉を使いこなしたい人、必携!
ほかにもキラキラ丼、モアイ最中など目白押し!
財布の紐がゆるみまくるので、ご注意あれ。

佐藤さゆり/teamまめ