2018年7月26日木曜日

元祖ピルスナーを求めてチェコへ。泡100%のビールに遭遇。


一年中ビールが好きで、最近はクラフトビールの虜になっている、自称ビア子です。

しかも、醸造所が急増している中央線沿線在住民ゆえ
今夏は猛烈にうれしく、まさに「クラフトビール の夏が来た!」の日々。

が、普段の家ビールは、クラフトビール ではなく大手メーカーの缶ビール。
ビール のスタイルで言うと、ラガータイプの「ピルスナー」を飲んでいる。

サッポロ・黒ラベルもサントリー・プレミアムモルツも、全部「ピルスナー」。
つまり、日本で一番馴染みのあるビール のスタイルが「ピルスナー」と言うわけだ。

このピルスナーの原型は、チェコの南西部にある「ビルゼン」生まれで
日本のビールのルーツはチェコにあると知ってから、チェコへの旅を夢みていた。

そこで今回は元祖ピルスナーを求めて、チェコへひとっ飛び……
うちから一番近いチェコ!
地下鉄丸ノ内線「四ツ谷三丁目」から徒歩3分でたどり着く、
チェコビールとチェコ料理専門店へ。

店名は、「だあしゑんか」。




以前は消防署の近くのビル2階にあったが、今年2月に移転。
荒木町杉大門通りのビルの地下で営んでいて、チェコの国旗が目印だ。
階段を降りると手作りの「OPEN」サインが出ている。



店内は、チェコの絵本や文学がいっぱい。
ビールや料理だけでなくチャコの文化にどっぷりと浸ることができる。

さて、お目当のビールは「ピルスナーウルケル 」。
ウルケル とは「元祖」の意味で、文字通りピルスナーの元祖を誇るビールだ。

「だあしゑんか」は、空冷樽生を現地そのままのコンディションで提供している、
日本では数少ないお店。

迷わず「ピルスナーウルケル」を注文するが、おひとりさま限定の「ちょこっと呑みセット」がお得。樽生300ml(500mlもある)と、ミートローフ、ザワークラウト、ピクルス、グランモラビアチーズ、オリーブが盛られたプレートがお値打ち価格で。














ふんわりきめ細やかな泡。ちょうどいい温度、バランスのいい苦味で、
からだにす〜と馴染んで気持ちよく吸収していく感じだ。
そして、チェコのお皿に乗っかったつまみと、すばらしく合うことよ!

あっという間に飲み干して、次は何にしようかなとメニューを眺めていたら、
気になるメニューが。

「ウルケル ミルコ」。

「ミルコ」とは、牛乳の意味で、見本の写真ではグラス中、泡だらけで
試してみたくなった。




えーーーーーっ!?
あわわわ〜、本当に泡だけだーーーっ!


  


チェコから取り寄せた希少なタップから、
店主・高野文雄さんによる芸術的なサーブで注がれるミルコは、
まさに泡を楽しむための一杯。
クリーミーな口当たりの向こうにちゃんとビールの味がする不思議に感動だ。

そして、少し時間を置くと、泡が液体に変化していく。

ゆっくり飲むと、泡もビールも両方楽しめる。

おかわりしたなら、つまみも欲しくなり、
豊富なチェコ料理から、定番の「ブランボラーク」(写真下)を選んでみた。
ジャガイモをすりおろして焼いたお好み焼きみたいなパンケーキ。
マジョラムが効いてるのが特徴で、これまたウルケルにぴったり。

日本でも、お好み焼きにはビールですよね〜。
























おかわりも、あっという間に飲み干してしまった。
加齢とともにビールの消費量が減っているビア子ですが、
「ピルスナーウルケル」は、アルコール度やや低く、
嬉しいことに(恐ろしいこと?)するすると飲めてしまう。

チェコは、一人当たりのビール消費量が150リットルで、
「世界一」と聞くが、このおいしさ飲みやすさ、深く納得。

ピルスナーの元祖&泡だけのビールに出会える四谷三丁目のチェコ、
もし出会ったら、乾杯しましょ。


店名 だあしゑんか
住所 東京都新宿区舟町5-25 B1F
OPEN  月水木金は18時〜24時、土日祝は17時〜23時
火曜日定休

(松井一恵)










2018年7月11日水曜日

ポポロ vs 那須ラスクテラス vs 青木の森カフェ♬ 熱くてクールな、那須エリア ジェラート最前線!!

2018年の夏は梅雨明けが早く、猛暑日が多くなりそうですねぇ><

そんなときに食べたくなるのは冷たいジェラートじゃないでしょうか。

去年今年と那須エリアにも新たにジェラート屋さんができている模様。さっそく新旧交えて食べ歩いてみることにしました♬

まずは明治の森、青木亭の横にある青木の森カフェのジェラート。
          
ここは、なんといってもイチゴ(シングル400円)が看板。目の前で栃木県産のなつおとめを混ぜ混ぜしてくれてイチゴの果実味を存分に味わえちゃいます^^

練る練る練る練る、おいしくなぁれ~。



           こんな感じで出来上がり~。ミルクはさっぱりとしていて、イチゴの甘酸っぱさと相性ばっちりです♪
          またここのよさはロケーションにもありますねぇ。
         テラス席から望む、公園の緑がいいんです♪

余裕のある方は、青木亭に立ち寄ってもいいですよね。今からの季節はひまわりが一面に咲き誇ると思います。こちらも見ごたえあり。

 さて、お次は「ジェラート食べ放題」と聞いて駆け付けた「那須ラスクテラス」。2017年夏ごろに始まったらしいのですが、お初の来訪です。
         食べ放題で500円とは、かなりお値打ちの印象^^
       ビュッフェエリアには、人数分の代金(小学生以下は500円)を払って、カップとスプーンをもって入室します。

   ジェラートと言っても、イタリアン・ソフトジェラート、見た感じソフトクリームです。味は、バニラ、ヨーグルト、チョコレート、ダークチョコレートの4種類。
        憧れのソフトクリームうずまきをぐるぐるぐるぐる
              ぐるぐるぐるぐる~♪
フルーツソースをかけて、
           ラスクも好きなだけトッピングできちゃいます

             ホワイトバージョンはこんな感じ。
            
             チョコバージョンはこんな感じに仕上げました。
カラースプレーチョコもあったので、こだわりたい人はもっときれいに盛り付けて、
 インスタ映えを狙えそうですね~
味はやはり、ソフトクリームといった印象ですが、4種類それぞれ味わいが違って、トッピングでもバリエーションが広がるので、子ども連れにもおすすめです。

  こちらのビュッフェ、かなり居心地よいですよ! 窓も大きくて、携帯の充電もできちゃうサービスのよさ。
 コーヒーやお茶もビュッフェをオーダーした人は無料でいただくこともできます!
観光で来られた方には、なかなかいい休み処といった印象です。
 
 そして最後に訪れたのが、2018年5月にオープンしたばかりの「ジェラテリアポポロ那須」。
  
 このログハウス、前からあったんだけどなぁ、前はなんだったか忘れてしまいました^^;

 シングルとダブルで50円しか違わないなら、ダブルですよねー
     この日はしぼりたて牛乳、キャラメル、かぼちゃ、シナモンバナナなど11種類のジェラートが揃っていました。

         娘はシナモンバナナとかぼちゃをチョイス。バナナのスライスが入っていたり、かぼちゃの種がトッピングされていたり、小技が効いております。
わたくしは、お店の方おすすめのしぼりたて牛乳とピスタチオをチョイス。
しぼりたて牛乳は、うーむさっぱりとしているのに味わい深し。ピスタチオもしっかり味がしてするする口に入っちゃう滑らかさです。
テラス席からは那須高原に向かう街道と緑が見えました。

さてさて3軒回ってみまして、ジェラートの味ではポポロが一番好みだったかなぁ。ほかの2店もロケーションや工夫、サービスがそれぞれよくって、甲乙つけがたいところではあります。それにしてもジェラートの食べ歩きは楽しいものですね。皆さんもぜひ^^


           (teamまめ/前田真紀)








2018年6月26日火曜日

群馬県が誇る駅弁「峠の釜めし」でスペシャル釜めしをゲットしてみた


駅弁界のレジェンド、その一つに数えられるのが、『おぎのや』の「峠の釜めし」だ。
本拠地は、信越本線の横川駅。
今や五目釜飯のふくよかな味に惹かれて、駅弁大会はもちろん、全国の駅弁が揃う売店や、デパートでも買えたりする。

その峠の釜めしが、今年、愛され続けて60年という、駅弁の還暦、つまりスペシャルイヤーを迎えた。
そして、その還暦イヤーを飾る特別な釜めしが絶賛、販売中だ。

それが、ジャーン。こちらだ。


このスペシャル釜めしは、予約販売のみ。
販売されているのも、横川駅前の本店かと思いきや、じつは違って4箇所のみ。
そこで、横川駅に一番、近そうな横川店に電話して、ゲットしに出かけてきました。


国道18号沿いの店は、ドライブインな風情。


駐車場脇には、巨大釜めしも陳列され、記念撮影だってできる!

店内へと足を踏み入れれば、そこは釜めし王国だ。

力餅で力をつけようじゃないか!
ちび釜めしは飴ちゃ



羊羹
羊羹のなかは、爪楊枝をさすと風船がはじけるタイプ

おみやげはザ・定番を
つぶれちゃってますが、釜めし型で、安定のおいしさ


そしてもちろん !


顔ハメははずせません。あぁ、めくるめく世界!
そして、売店の奥には・・・・・・


金の釜めしが鎮座する、特別釜めしの受け渡しコーナーが。
特別釜めしを懐に大事に抱えれば、自然と頬が緩んでくる。

おうちで包みをといたら、なんと釜めしは、還暦ピンクの器。
しかも、いつもの釜めしよりも数段上をいく、なんとも豪勢なおかずたち。
めで「鯛」、栗、エビ、カモなどなど、手間をかけたラインナップの数々だ。


お香もプチ釜めしに入ってる!


そして釜めしを掘っていくと、なんと赤飯が!
いやぁ、還暦祝いのめでたい膳、いや、釜めしだ。


もちろん、お酒のアテにもぴったり。
でも、ふがふが一心不乱にいっちゃいましたけどねー。

ごちそうさまでした!

要予約で、販売所限定の特別な峠の釜めし。
2019年1月31日まで、味わえますぞ!

◎おぎのや 
http://www.oginoya.co.jp/

(teamまめ/佐藤さゆり)